米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
 
 
外来受診 入院・お見舞い 病院紹介 看護部 人間ドック 地域医療連携 米沢市在宅医療・介護連携支援センター 糖尿病教室学生さん・就職希望の方へ
 
  ホーム > 臨床研修のご案内 > 臨床研修指導医の紹介
臨床研修のご案内

臨床研修指導医の紹介
貴重な2年間を当院で研修される皆さんには、すばらしい医師に育っていただけるよう指導医一丸となって応援します。

診 療 科

循環器内科(第一内科)

指 導 医

第一内科長  上 北 洋 徳

出身大学

福島県立医科大学 (12年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本内科学会 総合内科専門医・指導医・JMECCインストラクター

・日本循環器学会 専門医

・日本心血管インターベンション学会 認定医

・日本心臓リハビリテーション 学会 指導士

・日本救急医学会 ICLSインストラクター・ディレクター

自己紹介

福島県いわき市の出身です。当院に着任して10年以上経ちました。コーヒー、散歩、自転車が好きです。フットサルもしますが、右膝が痛みます。毎日心穏やかに過ごすことをモットーにしています。

診 療 科

の 紹 介

代表的な循環器疾患を経験することができます。科内はもちろん、心臓血管外科やコメディカルスタッフとの関係も良好で、気軽に相談できる環境が整っています。

研 修 の

目標・ねらい

@ 循環器疾患の診断と初期対応ができる。A 急性肺炎や気管支喘息、糖尿病などの内科common diseaseに対応することができる。B 突然の心停止に対する蘇生処置ができる。これらを目標とします。

研 修 の

内容・特徴

上級医とともに10人程度の患者を担当します。急性期治療だけではなく、心臓リハビリテーションにも力を入れています。救急蘇生講習会を受講し、インストラクターを目指すことができます。

ひとこと

メッセージ

当院の研修医は少ないのですが、その分担当できる症例や手技は多いと思います。将来の進路がどこであっても、有意義な研修ができるように全力でサポートしたいと思います。

診 療 科

消化器内科(第二内科)

指 導 医

第二内科長  佐 藤 智佳子

出身大学

山形大学 (13年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本内科学会 総合内科専門医

・日本消化器病学会 専門医

・日本消化器内視鏡学会 専門医

・日本肝臓学会 専門医

自己紹介

山形大学消化器内科で、非アルコール性脂肪性肝炎の患者さんを診てきました。美味しいものを食べるのが好きですが、最近太ってきたので、ほどほどにしないといけないな、と思っているところです。

診 療 科

の 紹 介

消化器疾患全般、特に消化管出血や胆のう炎など、common diseasesが多く、緊急入院もよくあります。暇な時間もありますが、どちらかというと、バタバタと忙しくしています。

研 修 の

目標・ねらい

消化器疾患について、疾患想起や緊急時の初期対応ができるようになること。

研 修 の

内容・特徴

主治医とともに入院患者を担当し、診断に必要な検査を行い、治療方針をたてます。検査、治療手技では、腹部エコーを指導医のもと多数経験、内視鏡検査・治療時には、助手として参加します。各種検討会に参加します。

ひとこと

メッセージ

1か月、2か月はあっという間に過ぎてしまいます。具体的な目標をたてて、密度の濃い研修をしましょう。

診 療 科

放射線科

指 導 医

病院長兼放射線科長

大 串 雅 俊

出身大学

山形大学 (S58年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

日本医学放射線学会 専門医・指導医

自己紹介

登山,写真,DIYなど多趣味で,仕事の合間に活動している.登山は四季を問わず登り続けている.充実した仕事をするには,趣味などの時間外の息抜きが必要と考え人生を楽しんでいる.

診 療 科

の 紹 介

放射線科は3名の専門医,指導医がいてCTMRIの読影を中心に仕事をしている.放射線科医の自宅にも読影端末があり,24時間体制で時間外の読影もしている.

研 修 の

目標・ねらい

放射線科では救急患者のCTMRIの読影中心に研修する.研修終了時には救急当直で出会う頻度の高い疾患は読影できるようになることを目標にする.症状にあわせた効率の良い画像検査の選択についても学ぶ.

研 修 の

内容・特徴

放射線科は原則として3ヶ月間まで選択できる.1ヶ月で130件,2ヶ月で300件,3ヶ月では500件の読影を目標にする.当直の時は24時間体制で放射線科医が遠隔読影でサポートするので安心.

ひとこと

メッセージ

研修をしっかりすることは大切だが,時間外の活動もしっかりやり,楽しい研修にしたいと考えている.米沢は自然が豊かで食べ物やお酒も美味しい.研修医とは希望があれば一緒に登山もしている.

診 療 科

外科

指 導 医

外科部長  佐 藤 佳 宏

出身大学

福島県立医科大学 (2年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本外科学会 専門医・指導医

・日本消化器外科学会 専門医・指導医

・日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医

・日本内視鏡外科学会 技術認定医

・日本外科感染症学会 外科周術期感染管理認定医・教育医

自己紹介

肝胆膵・移植外科を専攻。膵島移植研究で医学博士。平成254月に当院に赴任し鏡視下手術を標準手術として確立しました。自転車・山菜取り・野菜作り・酒造り・ダイビングなど、結局いつも体を動かしています。

診 療 科

の 紹 介

全麻手術は年間300-400例。高齢進行患者が多く、抗がん剤治療・リハビリ・緩和ケア・往診・在宅看取りなど、ひとり暮らしのお年寄りでも安心して治療して帰れるようにそのひとにあわせた治療を行っています。

研 修 の

目標・ねらい

自分で考えて治療をやり遂げるということを大切にしています。研修のスタートダッシュを与えることはできるのですが、その後は自分の力で大きくなれるように自立できるように教育することが必要です。

研 修 の

内容・特徴

主に外科的疾患の病理・治療・術後管理の研修を行います。考える外科医となっていただくため論文作製も行います。経験する手術症例数は大学病院の研修医をはるかに超えてます。

ひとこと

メッセージ

できる人には上限はありません。当院ならではのこだわりの手術・患者管理を勉強していってください。

診 療 科

乳腺外科

指 導 医

乳腺外科部長  橋 本 敏 夫

出身大学

自治医科大学 (2年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本外科学会 専門医・指導医

・日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医

・日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医

・日本がん治療認定医機構 認定医

自己紹介

地元米沢興譲館高校を卒業後、自治医科大学を平成2年卒業し山形県内の病院をローテーションし、現在は米沢市立病院外科・乳腺外科診療に従事しています。趣味はバスケットボール鑑賞することと温泉巡り。

診 療 科

の 紹 介

乳癌の診断、外科治療、放射線治療、薬物療法、緩和医療と幅広い領域の診療に携わることが必要となります。乳癌は罹患率の増加し、女性9人に1人が乳癌を罹患するといわれています。

研 修 の

目標・ねらい

マンモグラフィーの読影、乳腺超音波診断などの画像診断から、外科手術、術前術後薬物療法、その後の緩和医療の習得をする。乳がんの診断治療は日々進化するため積極的に学会参加し、最新の医療知識を習得すること。

研 修 の

内容・特徴

マンモグラフィー読影を学び、精中医機構の読影認定医資格を取得する。乳腺超音波診断を学び、精中医機構の読影認定医資格を取得する。乳房温存手術、乳房切除手術、センチネル生検の適応について学ぶ。

ひとこと

メッセージ

罹患率は女性で1位です。他の癌と異なり40代後半から60歳代に罹患率のピークを認め、子育て世代の女性など若い患者が多く認められます。今後乳腺専門医の活躍が求められます。

診 療 科

心臓血管外科

指 導 医

副院長兼心臓血管外科長

佐 藤 洋 一

出身大学

福島県立医科大学 (S62年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本外科学会 指導医

・日本胸部外科学会 永久指導医

・三学会合同心臓血管外科専門医認定機構 修練指導者

・日本脈管学会 研修指導医

・日本循環器学会 専門医

自己紹介

モットーは「よく遊びよく学べ」と「成せばなる」です。できない原因のほとんどはやる気がないことです。趣味は、登山、卓球、スキー、麻雀、Walking、海釣り、松茸取り、大勢のバーベキュー、映画鑑賞です。

診 療 科

の 紹 介

現在2人で診療を行っています。鈴木先生は脂の乗った40代で、手術は彼が執刀しています。2人とも教えたがりで面倒見は良いです。学生さんと飲みに行くとか、バーベキューや登山に行くのが大好きです。

研 修 の

目標・ねらい

当科の疾患に関して、基本的な病態や治療法を理解するのと同時に、手術手技や術後管理も実際に体験してもらいます。また、患者さんや医療スタッフとのコミュニケーションの取り方も学んでもらいます。

研 修 の

内容・特徴

週4回(開心術、動脈手術、下肢静脈瘤2例)手術に必ず一緒に入り、実際に切開、縫合、結紮もしてもらいます。術前、術後検査も実際に行い、週2回のスタッフカンファに加わり問題点を把握してもらいます。

ひとこと

メッセージ

手術は、胸部および腹部大動脈置換術からステントグラフト内挿術、弁置換や形成術、冠動脈バイパス術、下腿動脈へのバイパス術、下肢静脈瘤に対するレーザー手術など、ほとんどの手術を当院で行っています。

診 療 科

整形外科

指 導 医

整形外科部長 川 路 博 之

出身大学

山形大学 (H元年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本整形外科学会

・日本人工関節学会

・日本股関節学会

・東日本整形災害外科学会

・東北整形災害外科学会

自己紹介

休日は家の庭の芝刈りをよくします。晴れた夕方には家族でバーベキュー(本格的なのもではなく、後片つけも簡単にするためにホットプレートを使用)をするのも楽しみの一つです。モットーは「何事も自分次第」です。

診 療 科

の 紹 介

毎日815分から外来患者の検討会、週1回、入院患者のカンファレンスを行っています。医師数が多くないため、アットホームな雰囲気です。治療方針に悩む症例に関しては、皆で検討して方針を決定しています。

研 修 の

目標・ねらい

目標は問診、診察、画像の読影・診断、整形外科的治療(骨折・脱臼の整復、ギプス固定、各種注射の手技)の習得、手術の助手、指導医の指導の下での執刀です。救急症例についても整形外科的初期治療法を研修します。

研 修 の

内容・特徴

202211月の新病院開院後は急性期医療中心の病院になります。救急症例や外傷の手術、術後管理を多く経験すること、また、回復期病院が隣接されるため、切れ目のない医療を体験できることが期待できます。

ひとこと

メッセージ

新しい病院で研修を行うことに不安を感じる方もいると思います。しかし、人生の中で、新しい病院で診療する経験ができる医師は、決して多くはいません。いや、ほとんどいません。一緒にそんな経験をしてみませんか?

診 療 科

脳神経外科

指 導 医

脳神経外科部長 佐々木  徹

出身大学

弘前大学 (6年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

日本脳神経外科学会 専門医

自己紹介

脳神経外科部長の佐々木徹です。盛岡一高、弘前大卒、東北大学脳外科に入局しました。仙台からの単身赴任で勤務しています。とにかく楽しく実習してもらいたいです。密かな楽しみは晩酌しながらNetfllix

診 療 科

の 紹 介

脳神経外科は脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷、水頭症、てんかん、髄膜炎等の疾患が治療対象となります。症例はほとんど救急で運ばれてくるため緊急手術となることもあります。指導医に同行して実際の臨床を学びます。

研 修 の

目標・ねらい

当科の最大の治療対象は脳卒中となります。よって当科の研修目的は脳卒中急性期対応、検査、治療、手術、周術期管理を学んでもらうことです。

研 修 の

内容・特徴

急患室で脳卒中症例に接し神経学的所見をとり、必要な検査を行い、治療・手術の選択と実際の診療の流れを学んでもらいます。中には急性期血栓溶解療法など治療に時間制約があり緊迫する場面もあります。

ひとこと

メッセージ

急患に左右されるため暇なことも非常に忙しいこともあります。学生さんがいらした時はいろいろな症例に恵まれることをお祈りします。とにかく楽しく実習できれば何よりです。

診 療 科

泌尿器科

指 導 医

副院長兼泌尿器科長

長 岡   明

出身大学

産業医科大学 (2年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本泌尿器科学会 専門医・指導医

・日本排尿機能学会 専門医

・日本がん治療医認定機構 がん治療認定医

自己紹介

これまで主として泌尿器科臨床、特に手術を中心にに取り組んで来ました。専門分野は、排尿障害、女性泌尿器科、泌尿器科腫瘍全般です。座右の銘は研修医時代の恩師から教わった「鬼手仏心」です。

診 療 科

の 紹 介

米沢市内で唯一の泌尿器科入院治療施設です。山形大学との連携のもと大学病院相互補完的に、大学病院では経験することの少ない排尿障害、小児、腎不全、結石、感染症などの診断治療を行っています。

研 修 の

目標・ねらい

泌尿器科を目指す先生には泌尿器科医に求められるベーシックなスキルのトレーニングを目指します。泌尿器科以外を目指す先生には、泌尿器科疾患の考え方や他科の先生に役立つスキルを学んで頂きます。

研 修 の

内容・特徴

まず最初に泌尿器科疾患に対する考え方、アプローチ法を学んで頂きます。次に泌尿器科医療の基本的手技を学んで頂きます。

ひとこと

メッセージ

泌尿器科医を目指さない先生でも泌尿器科疾患・合併症治療は避けては通れません。がん治療中心の大学病院でのポリクリでは学べない泌尿器科の実臨床を学んでください。

診 療 科

産婦人科

指 導 医

産婦人科部長 須 藤  毅

出身大学

山形大学 (12年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

日本産科婦人科学会 専門医

自己紹介

千葉で育ち大学から山形、そのまま居ついてしまいました。いまは平日米沢、週末山形のハイブリッド単身赴任です。一人の時はピアノ弾いてるか料理してるか掃除してるか動画観てるかお酒飲んでるかで時が過ぎます。

診 療 科

の 紹 介

現在わたしを含め3人態勢で診療にあたっています。山形大学産婦人科の教育関連施設でもあり、正常分娩のほかハイリスク妊娠の管理、一般婦人科や婦人科悪性腫瘍など多岐にわたる症例を扱っています。

研 修 の

目標・ねらい

一般の婦人科診療や妊婦健診はもちろんのこと、分娩や帝王切開の判断などが一人で出来るようになることを最低限の目標と設定しています。それに加え各種検査や手術手技の習熟にちからを注いでいます。

研 修 の

内容・特徴

少人数のチーム医療の利点である密な連携のもと、外来・病棟業務、手術などを研修できます。毎日行うディスカッションを通じて、症例・疾患ごとの理解力向上を目指しています。

ひとこと

メッセージ

赤ちゃん、圧倒的にかわいいですよ。どんなに大変なお産でも元気な産声を聞いた瞬間にすべてが報われます。いっぱい赤ちゃん抱っこしてホワホワしたい方、待ってます。

診 療 科

眼科

指 導 医

眼科部長  宮 美智子

出身大学

山梨医科大学 62年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本眼科学会 専門医

・日本網膜硝子体学会 会員

・日本組織移植学会 会員

自己紹介

趣味はテニスですが、健康維持のためにやっています。

診 療 科

の 紹 介

眼科で地域の患者さんに見える喜びをサポートしたいと考えています。

研 修 の

目標・ねらい

患者さん11人を大切にしたいと考えています。臨床の現場は教科書に書かれたものとは大分ちがうので臨機応変に対処できるようにしたいと考えています。

研 修 の

内容・特徴

眼科の疾病がおこる全身疾患についての理解をすること。

緊急性のある眼科疾患についての理解をすること。

ひとこと

メッセージ

教科書にあるような眼科疾患の理解をすること。

一般的な眼科疾患の理解をすること。

診 療 科

耳鼻咽喉科

指 導 医

耳鼻咽喉科長 窪 田 俊 憲

出身大学

山形大学 (15年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

・日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会 専門医・指導医・補聴器相談医

・山形大学大学院医学系研究科修了

自己紹介

米沢市出身、20214月より米沢市立病院に赴任。耳鼻咽喉科の中でも耳科学、聴覚医学を専門としています。患者第一で、頑張りすぎないように仕事を行うことを心がけています。

診 療 科

の 紹 介

現在、山形大学の医局人事で、常勤2名、非常勤1名で診療を行っています。乳幼児から高齢者まで、外来診療から手術加療まで行っています。頭頸部腫瘍、悪性腫瘍は大学病院に加療依頼としています。

研 修 の

目標・ねらい

耳鼻咽喉科一般疾患の外来診療(診察から診断、加療まで)と小手術(口蓋扁桃摘出術やリンパ節生検、鼻副鼻腔手術の途中までなど)が行えるように指導します。

研 修 の

内容・特徴

耳鼻咽喉科専攻でない研修医の先生に対しても、耳鼻咽喉科医師として研修期間中は指導を行います。

ひとこと

メッセージ

耳鼻咽喉科頭頸部外科医を目指す先生はもちろん、それ以外の科を考えている先生も当科での研修は大歓迎です。少人数のメリットを生かし細やかな研修ができるように対応します。

診 療 科

救急部門(麻酔科/救急科/集中治療科)

指 導 医

統括副院長兼麻酔科長兼

集中治療科長 松 本 幸 夫

出身大学

福島県立医科大学 (S61年卒)

主  な

専門医等

の 資 格

日本集中治療医学会 専門医

・日本麻酔科学会 専門医・指導医

・日本救急医学会 専門医

自己紹介

福島原子力第一発電所のある双葉郡という地区の山の中で生まれ、郡山の安積高校に進学しました。実家が農家なので、官舎の住宅敷地内に家庭菜園で種々の野菜を育てています。食べてみたい研修医はぜひ来てください。

診 療 科

の 紹 介

杉浦明日美先生、羽田俊裕先生は、山形大学の学生時代から救急の実習を当科で行っており、初期研修も当院を選択してくれました。長期間にわたり一緒の仕事仲間で、技術・知識は研修医の手本になると思っています。

研 修 の

目標・ねらい

@緊急を要する救急患者の初期治療についての習得、A集中治療における重症患者の全身管理、B手術における麻酔の技術・知識を学び、周術期の患者管理に応用できる能力を身に着けてもらいます。

研 修 の

内容・特徴

救急でのFASTを正確で円滑に施行できるように、エコーを聴診器代わりに操作できるまで、トレーニングをしてもらいます。麻酔時の気管挿管(目標100例以上)、バッグマスク換気は完全に修得してもらいます。

ひとこと

メッセージ

米沢市は上杉家の城下町として歴史のある街で、2023年には新病院に建替えられます。新たな病院で、住民が安心して生活できる医療体制を、一緒に造っていきませんか。それには若い皆さんの協力が絶対に必要です。

ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )