平成28年度 米沢市立 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 779 153 160 242 291 415 770 986 1024 259
当院は、地域の基幹病院として主に急性期医療を担っております。
公立病院として救急、小児科、産科等の地域に必要な医療にも取り組んでおり、特に小児科は、米沢市内で入院できる唯一の施設のため、10歳未満の患者さんの需要が多くなっています。
少子高齢化の影響もあり、60歳以上の割合が約60%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病 なし - - 2.6 - -
(ハイフン表示は10人未満症例)
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 16.64 11.06 4.76 77.57
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 26 15.35 5.5 3.85 56.42
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 12.2 10.93 4.0 69.44
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 24 11.13 9.02 0 76.63
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 14.61 11.0 11.11 67.11
消化器科では、主に消化管、肝臓、膵臓、胆嚢の病気を内科的に治療しています。胆管結石や胆管炎は再発することも多く繰り返し入院する場合もあり、数が多くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 25.35 17.95 1.96 87.33
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 5.08 3.06 0 67.54
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 37.66 21.25 6.25 82.72
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 23 6.35 5.94 0 65.13
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 21 24.1 25.02 0 78.71
米沢市立病院ホームページに移動します。
http://yonezawa-city-hospital.jp/gairai/bumon/junkanki.html
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 129 8.35 6.18 0.78 0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 108 4.05 6.02 0 1.52
030270xxxxxxxx 上気道炎 68 3.59 4.83 0 2.75
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 67 3.27 5.5 0 5.16
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 62 4.55 5.79 0 4.15
小児科は、感染症の患者が多く、気管支炎、上気気道、腸炎が多くなっています。また、当院では小児科とともに産科もありますので新生児入院が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 47 5.98 4.64 0 52.28
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 30 12.1 13.77 3.33 74.5
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 30 11.73 11.57 0 62.73
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 11.0 9.08 0 70.96
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 12.68 7.61 0 59.82
当院外科は、消化器・一般外科(食道、胃・十二指腸、小腸・大腸・虫垂・肛門・肝臓・胆道・膵臓・脾、ヘルニアなど)、乳腺・内分泌外科(乳腺、甲状腺など)、呼吸器外科(肺、縦隔)、内視鏡外科、小児外科、外傷等救急疾患など、幅広い領域の疾患に対する手術治療を中心に診療を行っています。
DPCの診断群分類別の上位は上記のごときですが、2016年は乳房の悪性腫瘍が最多です。これは近年の乳がん罹患率の上昇の影響もあり、当院では診断、治療(手術や抗がん剤治療)を一連として診療できることが特徴です。
その他ではヘルニアが最も多く、そのほとんどを腹腔鏡下手術で施行しているところが当科の特徴と言えます。その他胆嚢疾患、消化器癌なども上位であり、これらもほとんどに腹腔鏡下手術が施行されております。
また乳癌、胃癌・大腸癌、肝胆膵癌の抗癌剤療法も積極的に施行しており、手術治療と合わせ集学的治療が可能となっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 59 41.22 27.63 59.32 80.98
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 54 34.35 20.57 31.48 78.52
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 16 4.63 4.37 0 27.44
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 16 46.94 20.45 12.5 70.81
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 15 19.67 10.31 0 56.27
整形外科では、高齢化に伴う骨粗鬆症による胸腰椎圧迫骨折,大腿骨近位部骨折が入院原因として最多でした。
胸腰椎圧迫骨折は、コルセット作製,リハビリテーションを行い、約80%が在宅か介護施設に退院しております。退院後も再骨折予防目的で、骨粗鬆症に対する治療(PTH製剤,ビフォスフォネート製剤,活性型ビタミンD3)を行っております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 19.32 16.54 32.26 66.71
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 25 29.2 16.73 28.0 71.12
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 24.3 19.35 60.87 72.04
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 11.87 9.87 0 76.52
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 3.74 7.52 4.35 54.39
脳梗塞症例が圧倒的に多く、それに頭部外傷、脳出血が続く。近年、重症脳梗塞の高齢化が目立つ。また、手術対象となる外傷も慢性硬膜下血腫がほとんどで、高齢化が顕著となっている。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 115 3.08 3.34 0 63.45
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 26.43 17.39 0 75.07
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし - - 12.74 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.85 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり - - 37.06 - -
静脈疾患が多くそのほとんどは下肢の静脈瘤です。下肢の動脈硬化による血流障害や大動脈瘤の患者さんも多く、最近、腎不全で透析のためシャントを作る患者さんも当科に入院しています。
(ハイフン表示10人未満症例)
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 33 10.82 9.77 0 32.52
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 30 3.73 3.08 0 55.4
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 25 11.32 20.79 20.0 31.2
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 21 11.19 10.36 0 53.1
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 20 12.35 10.05 0 46.35
当院は、正常経過の妊婦さんから種々の合併症のあるリスクの高い妊婦さんまで幅広く対応しています。当院の分娩は常勤医師3名と数名の非常勤医師で対応しています。
当院は米沢市内あるいは置賜地域全体の二次周産期医療機関として周産期管理にあたっています。そのため、当院ではハイリスクの妊婦さんや母体搬送などの紹介に24時間体制で対応しており、可能な限り、当院で地域医療を終結すべく尽くしていきたいと考えております。適宜、三次周産期医療機関(県立中央病院、山形大学医学部付属病院、山形済生病院)と連携しながらリスクの高い妊婦さんの診察治療を行っています。
また、良性の子宮腫瘍や卵巣腫瘍の紹介も多く、常勤医師3名と数名の非常勤医師で対応しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 26 12.38 9.15 0 77.12
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 14 10.21 7.01 0 79.21
020200xx9711xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 1あり 12 16.08 9.66 0 69.75
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 10.53 - -
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 増殖性硝子体網膜症手術 手術・処置等2 なし - - 11.66 - -
眼科の入院はほぼ全て手術目的です。もっとも多いのは白内障手術ですが、DPC対象症例ではないため上記の表には出てきません。次いで多いのが緑内障手術です。網膜剥離の手術は強膜バックリングを行っています。網膜血管閉塞は、網膜中心動脈閉塞症と網膜分枝動脈閉塞症に対し、入院で血栓溶解療法を行っています。緑内障も網膜剥離も網膜動脈閉塞症も放置すれば失明する疾患で当院は急性期病院でもあり力を入れています。
(ハイフン表示は10人未満症例)
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 14 9.21 8.12 0 17.43
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.5 - -
03001xxx99x00x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.57 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
慢性扁桃では予定手術としておこなっています。急性期の扁桃炎(ウイルス性、細菌性)が多くなっているのも気になります。また耳掃除や鼻いじりから顔、頚部の皮膚炎(蜂巣炎)に移行することがあり注意が必要です。安静や運動不足の状態(入院や自宅療養中)から急に日常生活を開始することによって生じる「良性のめまい」や、内耳障害にもとづく平衡障害は症状が少しでも回復してきたら運動などリハビリテーションが必要になります。頚部腫瘍等については、山形大学医学部付属病院と連携し、外来・入院治療をおこないます。
(ハイフン表示は10人未満症例)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 25.18 12.84 4.55 72.41
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 16 14.63 12.43 0 75.88
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 11.71 - -
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし - - 5.33 - -
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - - 9.32 - -
当院の慢性維持透析は当科にて施行されており、当科の取り扱い患者数1位となっています。次に、尿路感染関連は呼吸器感染に次いで高齢者の感染症の№2に挙げられていることからも当科の取り扱い患者数2位となっています。
(ハイフン表示は10人未満症例)
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし - - 4.19 - -
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病 なし - - 2.6 - -
0400801499x003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア3 - - 17.43 - -
(ハイフン表示は10人未満症例)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 47 - - 35 - 20 1 6,7
大腸癌 20 16 14 52 - 33 1 7
乳癌 37 33 19 - - 22 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では胃癌、大腸癌、乳癌については早期癌から進行癌まで幅広く診療しているのがわかります。これらの癌ではStageⅢ以上の進行癌の割合も多く、手術治療はもちろんのこと、抗癌剤療法や放射線療法、緩和療法を組み合わせた集学的治療を施行し、治療成績の向上を目指しております。特に大腸癌、乳癌では進行癌の割合が多く、再発例も多いですが、再発した際には当科にて最新の抗癌剤療法を主に外来で施行しており、医師、化学療法認定看護師、乳癌認定看護師、薬剤師らがチームとして治療や副作用対策に従事しクオリティオブライフも重視した化学療法を施行しております。
肺癌、肝癌は症例がやや少ないですが、進行癌が多く症例に応じた最良の治療法を選択し癌診療にあたっております。
(ハイフン表示は10人未満症例)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 9.18 49.09
中等症 71 23.31 79.3
重症 20 26.15 84.5
超重症 27 28.81 84.11
不明 - - -
患者数が最も多いのは、中等症の患者さんになっております。平均年齢では高齢になるほど重症度が上がり、平均在院日数も長期になっております。
(ハイフン表示は10人未満症例)
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 20.36 74.55 7.14
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 119 29.96 74.61 31.78
その他 10 33.7 73.6 2.33
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
いわゆる一般的な脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞)が入院対象となっている。最近は再発予防の観点からrisk factorの管理(高血圧、高脂血症、糖尿病、不整脈)に重きをおいている。また、稼働した地域包括病棟の利用率が上がり、これらが在院日数の微増につながっている。
(ハイフン表示は10人未満症例)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸・粘膜切除2cm未満 177 1.14 1.28 0 68.17
K654 内視鏡的消化管止血術 25 0 10.84 4.0 68.92
K6532 内視鏡的胃十二指腸ポリープ下層剥離術 22 1.64 8.45 0 75.77
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 21 4.48 16.62 9.52 78.19
K7212 内視鏡的結腸・粘膜切除2cm以上 11 1.36 2.82 0 71.36
大腸ポリープの内視鏡治療は、出血や穿孔のリスクを考慮し、入院で行っています。胃潰瘍などの消化器出血に対する止血術、早期胃癌に対する粘膜下層剥離術も行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5972 ペースメーカー移植術 2.経静脈電極の場合 18 7.28 12.39 0 80.94
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 14 7.21 12.0 7.14 74.93
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 13 3.15 5.62 0 60.46
K597-2 ペースメーカー交換術(電池交換を含む) - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
米沢市立病院ホームページに移動します。
http://yonezawa-city-hospital.jp/gairai/bumon/junkanki.html
(ハイフン表示は10人未満症例)
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術 2.仮死第2度のもの - - - - -
K7151 腸重積症整復術 1.非観血的なもの - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K653-2 食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの) - - - - -
K7211 内視鏡的結腸・粘膜切除2cm未満 - - - - -
小児科は、仮死蘇生、腸重積整復、胃内異物除去など小児疾患に伴うものを行っているが数は多くない。
(ハイフン表示は10人未満症例)
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 47 7.77 6.13 0 63.26
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 45 1.33 2.6 0 59.93
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 4.乳房部分切除術 23 1.04 7.7 0 61.0
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 21 10.38 29.52 0 74.71
K6335 ヘルニア手術 5.鼠径ヘルニア 17 1.0 2.47 0 36.71
術式別では、上記の如く腹腔鏡下手術が上位を占めており、特に鼠径ヘルニア手術・胆嚢摘出術では術後在院日数の短縮を認め早期退院が可能となっております。その他腹腔鏡下手術では胃切除、結腸切除、虫垂切除などの例が多くなっており、このように消化器外科領域では腹腔鏡下手術の割合が約70%強を占め、年々この割合が増加しております。また乳癌に対する乳房切除では可及的に乳房温存部分切除+センチネルリンパ節郭性を施行しております。肝胆膵疾患の高難易度手術も増加しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 57 5.05 36.23 50.88 78.02
K0462 骨折観血的手術(下腿) 13 3.62 38.62 0 56.46
K0463 骨折観血的手術(指) 10 1.5 8.3 0 36.0
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K0484 骨内異物(挿入物)除去術(鎖骨) - - - - -
高齢化に伴う大腿骨近位部骨折の手術が多く、次いで変形性関節症、関節リウマチに対する人工膝関節置換術が多くなっております。下腿、特に脛骨近位、足関節部の骨折も多く雪国の特徴です。
(ハイフン表示は10人未満症例)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 19 0.37 10.16 0 76.74
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去 3.脳内のもの - - - - -
K1771 脳動脈瘤頚部クリッピング 1.1箇所 - - - - -
慢性硬膜下血腫の穿頭術が多いのは例年同様である。本年は内視鏡を用いた頭蓋内血腫除去が開始となった。また、クモ膜下出血に対すつ開頭クリッピングは年々減少してきている。今後は未破裂脳動脈瘤に対する手術対応が課題となると考える。
(ハイフン表示は10人未満症例)
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 115 1.03 1.03 0 63.62
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他) 19 7.89 19.05 0 68.47
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2.2吻合以上のもの - - - - -
K1901 脊髄刺激装置植込術(16極以下ジェネレーターを用いるもの) - - - - -
下肢の静脈瘤はほとんどがレーザー治療を行っており3日の入院です。透析の内シャントつくりも当科で行うようになり増えています。狭心症や心筋梗塞に行う冠動脈バイパス術は心臓を止めないで行っています。下肢の動脈硬化による血流障害に対してはバイパス手術、カテーテル治療の他、脊髄刺激療法を開始しました。
(ハイフン表示は10人未満症例)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 1.緊急帝王切開 38 1.32 8.97 0 31.45
K8982 帝王切開術 2.選択帝王切開 29 2.31 8.52 0 32.79
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 28 1.0 1.96 0 55.21
K877 子宮全摘術 28 2.71 9.04 0 48.0
K867 子宮頸部切除術 21 1.0 1.86 0 40.24
帝王切開については、麻酔科専門医による安心した麻酔が受けられるのが米沢市内では当院だけなので、市内の帝王切開を要する患者さんは必然的に当院に集まるため、帝王切開が手術上位を占めます。麻酔科医師、小児科医師および手術室と連携し、母児ともに安全な帝王切開を目指しています。
また子宮鏡や腹腔鏡を使用した良性疾患の手術も積極的に行っているので、ポリープ切除や円錐切除、子宮筋腫などの症例が多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入) ロ.その他のもの 309 1.02 1.78 0 75.7
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 1.網膜付着組織を含むもの 20 1.55 13.1 0 69.75
K2683 緑内障手術(濾過手術) 16 0.94 10.31 0 75.44
K281 増殖性硝子体網膜症手術 14 3.21 20.57 0 58.21
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 2.その他のもの 12 1.83 8.67 0 79.0
眼科では白内障に対する水晶体再建術が大半を占めています。次に多いのが緑内障手術です。緑内障の患者さんは白内障についで多く、点眼で視野狭窄の進行が予防できない患者さんに対しては、当院では積極的に緑内障手術を行っています。手術を行うことで、視野狭窄の進行を予防することができると考えています。増殖硝子体網膜症手術は、主に糖尿病の患者さんが対象です。網膜剥離でも、増殖性変化のある患者さんには、増殖硝子体手術を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 2.摘出 12 1 7.42 0 16.42
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K407-2 軟口蓋形成手術(いびきに対する) - - - - -
K4501 唾石摘出術 1.表在性のもの - - - - -
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 1.耳下腺浅葉摘出術 - - - - -
慢性扁桃では予定手術としておこなっています。約1週間で退院となります。中耳炎での鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術も行います。最近「いびき」のための軟口蓋形成手術も扁桃手術に併せて行うことがあります。表在性の唾石症は、手術治療を行います。耳下腺腫瘍(浅葉)は合併症がなければ1週間で退院となります。
(ハイフン表示は10人未満症例)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 10 2.0 7.4 0 69.6
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
K821-3 尿道ステント前立腺部尿道拡張術 - - - - -
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜潅流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
経尿道的尿管ステント留置術は複雑性尿路感染症の緊急対応手段として緊急対応しております。当科の手術別患者数2位となっています。
(ハイフン表示は10人未満症例)
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K1642 頭蓋内血腫除去 2.硬膜下のもの - - - - -
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズ挿入) ロ.その他のもの - - - - -
K596 体外ペースメーキング - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
(ハイフン表示は10人未満症例)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 9 0.18
180010 敗血症 同一 6 0.12
異なる 18 0.35
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.04
異なる 1 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.39
異なる 7 0.14
この指標は、敗血症、播種性血管内凝固、手術・術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したもので、患者数、発症率ともに減少させることを目標としています。
手術処置等については、ほとんどがDPC病名と入院契機病名が同一でした。これは、手術・処置などの合併症は主として入院され治療を受ける疾患に対するものが多いことを表しています。
更新履歴
2017/9/12
病院指標を公開しました。
2017/9/22
コメントを追加しました。
2017/10/3
更新しました。