米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
外来受診 入院・お見舞い 病院紹介 看護部 人間ドック 地域医療連携 米沢市在宅医療・介護連携支援センター 糖尿病教室学生さん・就職希望の方へ
ホーム> 診療科のご案内 > 病理診断科
外来受診をされる方へ

集中治療科 病理診断科 人工透析室
 病理診断科   TOP|スタッフ紹介症例数・治療成績|特殊検査・治療|その他|
       
  1.診療診断科紹介  
   

 聡明な演技で注目を浴びる芦田愛菜ちゃんが、将来になりたい職業は? と質問されて、“病理医になりたいです!”と答えたことは皆さんご存知ですか? そうです、彼女が指名した職業は病理専門医のことで、ではどのような仕事内容なのか判りますか? 意外と彼女は専門的な業務内容に精通しているようで、少しびっくりしますよ。でも、このページを読まれたら、病理専門医が臨床現場でいかに重要な役割を担っているのか、なぜ彼女がそれを目指したいと考えているのかが理解できると思います。
  ほとんどの疾患においては、その疾患がどのような種類の病気であるかをはっきりさせてから、有効な薬物や手術などが選択され、本格的治療が施されます。この病気の本態を突き止める事を、“診断”と呼びます。実際、診断は臨床医師が患者さんを診療しておおよその見当を付けますが、それを確定するのは実は種々の検査値(血液検査等)や画像解析などの所見を解析することと、その病巣から組織を採取し、それを顕微鏡を用いた細胞レベルで分析し、病態の原因を明らかにする病理組織診断とに任されているのです。すなわち、病理診断科は他の臨床医のように患者さんの実際の診察には当たりませんが、患者さんのどの臓器組織のどの細胞が異常をきたしているのかを解明し、それを治療にあたる主治医にすばやく進言して治療に反映していただいております。詳細には次のような業務を行っております。

 
       
    生検・手術材料の病理組織診断:Surgical diagnostic pathology  
       内視鏡や針などで微小な組織片を採取することを生検と言い、消化器内科、外科、乳腺外科、産婦人科、泌尿器科、形成外科、耳鼻科、皮膚科などで多く施行されます。こうして採取された生検組織をパラフィン包埋して顕微鏡標本を作製し顕微鏡下で観察・分析します。一方、手術手段で病気の根治を期待する選択がなされた患者さんには、術中に病巣断端やリンパ節に悪性細胞が残っていないかを短時間で診断する迅速診断を行ったり、手術後摘出された臓器・組織からたくさんのパラフィン標本を作製し、病巣の異型度、広がりや脈管侵襲の有無、増殖細胞の生物学的性状などを顕微鏡下で詳細に検討し、病理組織診断報告書を発行します。
   これまでは、伝統的にHE染色標本のみで病理組織診断することが多かったのですが、90%はそれで診断可能であっても残りの10%程はその原因細胞の性状を分析しないとどのような臓器や組織に由来したどのような細胞のであるか不明な難解症例であったり、良性・悪性が決めがたい境界病変であったりします。ですから当病理診断科では近年急速に開発されてきました免疫組織染色法を積極的に用いて、病気を引き起こしている細胞の起源、産生物質、増殖率、膜レセプターや癌抗原発現(写真参照:ESD粘膜内早期胃癌 p53発現)等を同定し、それらの所見を総合的に判断して最終病理診断をする努力をしております。それでもなお最終確定病理診断にいたらない症例は全国の大学医学部病理学教室や国内先端医療機関に外部コンサルテーションを求め、適切な指導を受けております。
 
         
    細胞診:Clinical cellular pathology  
       患者さんに苦痛を与えない方法で採取した遊離細胞のスタンプや塗沫標本等を顕鏡し、判定可能な細胞群に対して良〜悪性クラス分類することを細胞診と呼びます。検診などの子宮頸部粘膜擦過(写真参照:高度異型扁平上皮内病変)、自然尿、喀痰、胸水/腹水、乳汁分泌物等が主な対象となり、いわゆる病理の最前線スクリーニングにあたります。当診断科には現在、三名の細胞診専門臨床検査技師(スクリーナー)が働いており、下の写真のごとく、彼らは日夜ともに標本を検鏡し所見を協議しあい、さらに精密な病理検査(生検や手術)が必要な患者さんを正確に拾いあげて、さらに次の臨床現場に紹介しているのです。  
         
    病理解剖:Autopsy  
       どんなに医学が進んで診断が正確になっても、皆さん個人が互いに異なっているように、病態そのものも必ずしも同一ではなく、それ故に、病気の進行や抵抗性は種々に異なります。手術や投与薬効の効果が十分に得られず不幸な運命をたどらざるをえない患者さんもおられますが、その中で治療チームがどうしても理解できない転帰をとられたケースには、ご遺族の承諾を得て、病理的にご遺体を調べさせていただくことがあります。これが病理解剖で、これにより治療チームはその疾患の全体像を初めて総合的に理解することが出来て、明日の現場にその分析結果を反映させることが可能となります。最終の解剖診断結果はおよそ3か月後に遺族に伝えられます。またこれらの崇高な診断データは全国的に集計されて、将来の医療治療指針に役立てられます。病理解剖では院内で亡くなられた患者さんが対象で、法医解剖や司法解剖は病理診断科では行いません。
 
         
    臨床病理検討会:Clinical pathological conference  
       すでに述べてきましたように現代になって次つぎにあたらしい概念の疾患が解明されてきており、また一方、どうしても的確な診断がつかない難解な疾患に遭遇することも少なくありません。そうした疾患症例を、院内/外の医師や看護師、薬剤師、臨床検査技師等の医療スタッフが集まって検討・勉強する研修会を臨床病理検討会と言い、病理診断科が主にこれを企画します。病院における医師の生涯・卒後研修の一つに挙げられ、年に数回が行われています。当院の臨床病理検討会は手術・生検症例が 46回を、剖検症例も46回を数えるに至っており、もうすぐ100回目の大台を迎えるところまで来ています。米沢市立病院の皆さんがいかに勉強熱心が判る指標といっても過言ではありません。この臨床病理検討会は臨床研修医の必須科目の一つとなっておりますので、この研修会の重要性が理解できると思います。こうして、総合病院に常勤の病理専門医が働くことで時代に合った高レベルな医療を皆さんに提供できるのだと信じています。  
       
  2.臨床指標  
      病理診断科 過去6年間 標本件数の推移  
       
       
      術中迅速病理組織診断・免疫抗体法・術中迅速細胞診検査  
       
 

≪当科で参考にしている診療ガイドライン≫

日本病理学会編・各種癌取扱い規約、WHO classification.
 

ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )

米沢市立病院
 地域医療連携室
TEL
 0238 - 22 - 2613 ( 直通 )
FAX
 0238 - 22 - 2624 ( 直通 )