米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
外来受診 入院・お見舞い 病院紹介 看護部 人間ドック 地域医療連携 米沢市在宅医療・介護連携支援センター 糖尿病教室
ホーム> 診療科のご案内 > 外科
 外 科   TOP|スタッフ紹介症例数・治療成績|特殊検査・治療|その他|
 
外科
 

 当院外科は、置賜地方・米沢市の中隔病院として、4名のスタッフで、消化器・一般外科( 食道、胃・十二指腸、小腸・大腸・虫垂・肛門、肝臓 ・胆道 ・膵臓 ・脾、ヘルニアなど)、乳線・内分泌外科(乳線、甲状腺など)、呼吸器外科(肺、縦隔)、内視鏡外科、小児外科、外傷等救急疾患、など幅広い領域の疾患に対する手術治療を中心に診療を行っています。いずれも指導医、専門医、技術認定医等の資格を有するスタッフを中心に診療、教育に従事しており、どの領域でも、外科のスタッフと他職種のスタッフが連携、協力し、患者さんや御家族への丁寧なインフォームドコンセントを行い、質の高い外科治療を提供すべく日夜努力しております。
 当科の特徴として、まずは高度な専門性を必要とするがん治療に力を入れております。消化器内科や放射線科と連携しながら、画像診断を中心とした詳細な術前検査を施行し、がんの進行度や病状を見極め、患者さん・御家族様への丁寧な説明と同意を経た上で、最適な治療法や手術法を選択しております。手術に際しては、ガイドライン等を基にした標準的で最新の術式を安全確実に施行することに注力しており、術後はICUの御協力のもと精密かつ最新の術後管理を施行し手術成績の向上を実現しております。また、術前・術後の抗がん剤治療や、がん性疼痛コントロールを中心とした緩和療法、在宅療法など、手術治療以外のがん治療に対しても当科では積極的に携わっており、がん患者さんを診断してから治療、さらには再発・移転の際にも当科が継続してトータルに診療する体制を整えております。(「乳腺外科」もご参照ください)。

 手術治療では、侵襲(患者さんに対する負担のこと)を少なくするために、積極的に内視鏡外科手術を導入しており、創が小さく患者さんの負担が少ない手術を施行することで早期退院と整容性を保つことが可能となっております。代表的なものとしては腹腔鏡下手術では胆嚢摘除、胃切除、大腸切除、虫垂切除、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニア、直腸脱、肝切除、癒着性腸閉塞など、胸腔鏡下手術では、肺部分切除・気胸手術・食道切除などを行っております。(詳細は「内視鏡外科」をご参照ください)。
 また最近当科では、周術期の栄養療法やリハビリにも力を入れており、手術成績の向上や早期退院を目指して取り組んでおります。まずは栄養療法ですが、侵襲の大きい手術症例を中心に行っており、手術が決まった段階で栄養状態を評価し、栄養療法が必要と判断された症例ではNST(栄養サポートチーム)や消化器内科医の協力のもと、早期より栄養補助療法を施行し手術に臨んでおります。これにより術後感染症を中心とした合併症を少なくすることが可能となりました。次にリハビリについてですが、リハビリ室の御協力のもとに、術前からのリハビリオリエンテーションおよび術後早期のリハビリを積極的に行い、合併症を少なくし早期離床や早期退院を実現しております。 また研修会を終了した理学療法士による、がん患者さんに対するがんのリハビリテーションも最近重視しており、手術の有無にかかわらずがん患者さんのクオリティオブライフを向上させるべくチーム医療にて取り組んでおります。

 その他特徴的な治療として、消化管では炎症性腸疾患 ( クローン病・潰瘍性大腸炎 )・遺伝性家族性腫瘍に対する外科治療、痔核に対するジオン注入療法、直腸脱の外科治療、肝胆膵疾患では、血管合併切除再建、肝動注化学療法、ラジオ波焼灼療法、経皮的胆管ステント治療、重症急性膵炎治療、内視鏡下手術では細径鉗子および単孔式腹腔鏡下手術なども積極的に行っております。

 

   
  当科の学会認定施設
 
日本外科学会専門医制度修練施設
 
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本乳癌学会認定医・専門医関連施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本胸部外科学会認定医関連施設
日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設
日本静脈栄養学会NST稼働施設 など

 
 
● 原則として完全予約制となっております。
  詳細は、以下の 「 外科外来予約制のご案内 」(PDFファイル) をクリックしてご覧ください。
   →  「 外科外来予約制のご案内 」(PDFファイル)

  外科外来診療予定担当医表 ←先をクリックすると確認できます。
 

  ※外来診療担当医表は、曜日や診療科によって異なる場合があります。
    また、病院や医師の都合により変更となる場合があります。


  ※全診療科の外来診療担当医表は、
   以下をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。
 

平成29年11月の外来診療担当医表

PDFアイコン
     
  PDF形式ファイルを見るには、Adobe社が配布している 「Adobe Reader」 のインストールが必要です(無償)。
↓以下をクリックすると 「Adobe Reader」 ダウンロードサイトへ移動します。
  Adobe Readerのダウンロードサイトへ  






  乳腺外科
 
乳癌は女性の癌において増加傾向にあり、罹患率1位、死亡率5位となっています。
罹患のピークは40代後半から50代後半にあります。
この増加する乳癌に対する診療に対応するため米沢市立病院では2014年4月、乳房撮影装置を更新し、最新型の乳房撮影装置を導入しました。
今回導入した乳房撮影装置は低被ばく,高画質を実現し,通常の検診・診断用の撮影,ステレオバイオプシー検査,トモシンセシス検査に対応した装置です。
最大30%の線量低減を実現します。
特にトモシンセシス撮影は,乳房を振り角は ±25° ,トータル 50° で断層撮影を施行します。25回の照射にて撮影を行います。
25回の照射にて得られたプロジェクション画像25枚をボリュームデータとして取得し,再構成を行う。その結果,撮影台に対して1mmのスライスピッチでの画像を得ることができる。つまり,最終的に得られるトモシンセシス画像は,3cmの乳房厚であれば30枚,4cmの乳房厚であれば40枚となる。従来の乳房撮影装置と異なり乳腺の重なりをなくし診断能力の向上した装置となります。 山形県内では初の装置となります。
上記の装置に加えて、吸引補助下バイオプシー装置を組み合わせることにより石灰化病変や小さい腫瘍性病変の精密診断が可能となりました。より早期診断早期治療が可能となっています。 早期診断早期治療により、乳房温存手術の割合が増加傾向にあります。
腋窩リンパ節に関してはセンチネルリンパ節 (最初にリンパ節転移を認める見張りリンパ節)のみ切除施行し、センチネルリンパ節に転移が認められなければ、その他のリンパ節は温存する手術を行っています。不必要なリンパ節廓清を省略することにより上肢のリンパ浮腫の発生を予防しています。
術後の補助療法はそれぞれの腫瘍の特性を検討し、乳癌学会、 St Gallen 、または NCCN のガイドラインに沿った標準的治療を行っています。
 私どもは、常に地域の皆様のご期待にお応えできるよう、診療レベルをさらに向上させるべく日々努力してまいります。

吸引補助下生検装置

 微小病変でも診断が可能となりました。

  日本乳癌学会 認定施設認定証書 認定書


内視鏡外科
 
     
  1. 鏡視下手術とは?
     通常これまでの手術は皮膚をメスで大きく切って、胸やお腹の中を直接目で見て手で触って行っていました。そのため、術後の皮膚には大きな傷が残っていました。鏡視下手術は、皮膚に数個の小さな穴を開けて、カメラ(内視鏡)や手術器械(電気メスや臓器などをつかむ鉗子など)を入れてモニターに写して行うので小さな傷で済みます。メリットは、傷が小さいため術後の痛みが少ないこと、低侵襲といって体への負担が少なく回復が早いこと、入院期間が短いため早く普通の生活や仕事に戻ることができることなどです。デメリットは、カメラや手術器械を操作して行う手術のため、通常の手術よりも少し時間がかかることなどです。外科医にとっては多少の熟練が必要となりますが、患者さんにとってはメスで大きく切る手術より、負担の少ない手術となっています。
     
  2. 米沢市立病院で行っている鏡視下手術(胸腔鏡下手術・腹腔鏡下手術)は?
     胸腔鏡下手術では、腫瘍または肺の部分切除を行っています。また、腹腔鏡下手術では、胃・小腸・大腸・直腸・胆のうの病気について行っています。また、頻度の高い鼠径ヘルニア・虫垂炎の手術も鏡視下手術を行っています。以前の開腹手術に比べて術後の合併症は著しく減少し、入院期間が短く、早く元の生活にもどれるため患者さんの満足度も高くなっています。最近は、ほとんどの外科手術を鏡視下に行っています。また、肝臓・膵臓・胆道の高難度手術に対しても鏡視下手術を導入を開始し良好な成績が得られています。
     
  3. さらに
     切除不能な進行がんでも抗がん剤治療や放射線治療後に鏡視下手術で根治手術ができる症例も増えてきています。手術のみではなく抗がん剤治療・緩和療法・がんリハビリテーション・在宅医療なども積極的に行っています。セカンドオピニオンも積極的に受け入れています。お困りの方は是非ご相談ください。
     

  腹腔鏡手術数の推移
 
    2012 2013 2014 2015 2016
開腹
44
30
25 33 24
腹腔鏡
1
7
16 14 11
大腸 開腹
75
53
17 83 47
腹腔鏡
9
26
49 63 48
虫垂 開腹
81
13
4 1 1
腹腔鏡
3
17
25 33 31
ヘルニア 前方法
34
58
10 27 27
腹腔鏡
3
17
4 48 56
                                      ※グラフをクリックすると大きなグラフが見れます。
腹腔鏡手術数の推移グラフ





 症例数および治療成績

外科手術数

麻酔法 2012 2013 2014 2015 2016
全身麻酔 328 325 335 402 385
腰椎麻酔 40 26 9 12 4
局所麻酔 21 19 16 7 15
合計 389 370 360 421 404

臓器別手術件数(主な疾患・手術)

臓器
疾患
術式
2012
2013
2014 2015 2016
甲状腺       
3
2
4
  悪性腫瘍  
2
2
2
2
乳線       
44
44
38 48 50
  良性腫瘍  
5
9
6 2 9
  悪性腫瘍 乳房切除
10
10
12 23 7
    部分切除
28
25
20 23 32
    その他
1
     
    悪性腫瘍合計
39
35
32 46 41
  その他  
     
呼吸器・縦隔    
2
2(2) 6(6) 7(7)
  原発性悪性腫瘍  
1
  1(1)  
  自然気胸  
1(1)
2(2) 5(5) 7(7)
  その他  
     
食道    
2(1)   1(1)
  悪性腫瘍 食道切除
     
    その他
1    
    悪性腫瘍合計
1    
  その他  
1(1)   1(1)
胃       
42
37
44(15) 54(15) 35(11)
  良性腫瘍  
1
  1(1)  
  悪性腫瘍 胃全摘
15
12
15 21 13
    胃切除
21
15(5)
23(15) 21(12) 17(10)
    その他
1
5
4 3(1) 2
    悪性腫瘍合計
37
32
42(15) 45(13) 32(10)
  胃十二指腸潰瘍  
5
4
1 5 2
  その他  
1 3(1) 1(1)
結腸       
43
44
45(31) 54(43) 37(26)
  悪性腫瘍 結腸切除
31(6)
28(14)
37(29) 41(34) 31(24)
    その他
4
3    
    悪性腫瘍合計
40(29) 41(34) 31(24)
  その他  
8
16
5(2) 13(9) 6(2)
直腸       
20
21
29(19) 30(20) 23(17)
  悪性腫瘍 前方切除術
11(1)
12(2)
10(9) 17(14) 9(6)
    直腸切断
3
4(4) 5(5) 6(6)
    その他
2
6
8 1 4(2)
    悪性腫瘍合計
13
21
22(13) 23(19) 19(14)
  その他  
7
7(6) 7(1) 4(3)
虫垂       
     
  虫垂炎 虫垂切除
35(4)
27(15)
29(27) 35(33) 32(31)
肛門       
8
9
12 15 8
小腸・その他      
24
37
26(4) 30(4) 35(5)
肝臓       
10
11
5(2) 2 11(2)
  原発性悪性腫瘍 肝切除
6
1
2(1)   3
  転移性悪性腫瘍 肝切除
4
9(2)
3(1) 2 6(1)
    悪性腫瘍合計
10
10
5(2) 2 9(1)
  その他 肝切除
1
    1
胆嚢       
75
70

74(46)

86(63) 71(52)
  悪性腫瘍 胆嚢悪性腫瘍手術
1
1
    1
    肝切除
    1
    悪性腫瘍合計
1
1
    2
  胆石性胆嚢炎 胆嚢摘出
44(28)
43(40)
46(46) 64(63) 47(46)
  その他 胆嚢摘出(併施)
30(1)
26(6)
28 22 22(6)
胆管・乳頭部     
13
5
9 10 8
  悪性腫瘍 肝切除
3
  2 3
    膵頭十二指腸切除術
2
1 1 4
    胆道悪性腫瘍手術
1
1 1 1
    その他
2
  2  
    悪性腫瘍合計
5
3
2 6 8
  総胆管結石 総胆管切開切石
4
2
4 3  
  その他  
4
3 1  
膵臓       
5
2
6 6 7
  悪性腫瘍 膵頭十二指腸切除術
2 2 2
    膵体尾部切除
2
1
2 2 3
    その他
3
1   1
    悪性腫瘍合計
5
1
5 4 6
  その他  
1
1 2 1
脾臓    
1
4    
ヘルニア       
68
72(14)
76(47) 94(73) 83(56)
  腹壁瘢痕ヘルニア  
2
1 4(2) 3(1)
  鼠径ヘルニア  
57
61(14)
68(47) 80(67) 75(55)
  大腿ヘルニア  
5
5
4 8(4) 3
  その他  
6
4
3 2 2
体表・その他    
32
6
22 15(1) 23
()は内視鏡手術数

胃癌 進行度別の5年生存率_グラフ
結腸癌 病期別の5年生存率_グラフ

直腸癌 病期別の5年生存率_グラフ

乳癌 病期別の5年生存率_グラフ
肺癌 病期別の5年生存率_グラフ



  症例数および治療成績
    ※グラフをクリックすると大きなグラフが見れます。

  2015年外科 病名別手術数
臓器別手術数 2015年 臓器別手術数 グラフ
臓 器 手術数
鼡径・大腿ヘルニア等 92
大腸・小腸 83
胆道・胆嚢・胆管 58
食道・胃・十二指腸 50
乳腺 47
虫垂 33
イレウス 18
痔・痔瘻・肛門疾患 14
その他 11
肺・気胸 6
5
2
甲状腺 2
合 計

421


  癌ステージ別
胃癌手術例

大腸癌手術例

乳癌手術例



What's new ! 20140825

・平成25年6月13日佐藤佳宏医師が日本肝胆膵外科学会評議員に選出されました。肝胆膵外科領域の高難度手術にも積極的に取り組んでおります。セカンドオピニオンも積極的に受け入れていますので、病状でお困りの方は病院内の医療相談室にお問い合わせください。

・平成25年7月?日内視鏡外科を開設しました。内視鏡下外科手術は、手術用の医療機器の発展に伴って様々な分野への広がりをみせています。現在では、食道から直腸・肝胆膵などの消化器領域や呼吸器領域、さらには泌尿器科・婦人科領域で、開腹手術などに代わって、広く普及しています。当院では下記疾患に対して内視鏡外科手術をすでに導入しており、さらに治療が困難とされている肝胆膵領域への応用も開始しています。胸部外科領域: 自然気胸、転移性肺癌。腹部外科領域: 胃癌、大腸癌、肝癌、転移性肝癌、胆石症、虫垂炎、ソケイヘルニア関連疾患。内視鏡外科は完全予約制です。かかりつけの先生から外来受診予約を取っていただいてください。

 

・平成25年?月?日北村正敏医師・菅野博隆医師・遠藤久仁医師が四段階注射講習会を受講しました。これまで佐藤佳宏医師が内痔核硬化療法を施行していましたが、新たに4人体制で内痔核硬化療法を行えるようになりました。

・平成25年11月2日第3回米沢市立病院外科系市民公開セミナーで佐藤佳宏医師が「自分らしく生きるために 〜がんの早期発見低侵襲治療のすすめ〜」の演題で講演を行いました。伝国の杜の会場は満席となり立ち見の方もおられました。機械展示のブースでは模擬手術なども行われ好評でした。

・平成25年11月3-4日佐藤佳宏医師が山形県がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会受講しました。今後もがん患者さんの緩和ケアに努めてまいります。

・平成26年1月1日米沢市立病院が外科周術期感染管理教育施設に認定されました。今後病院全体で周術期の合併症予防に努めてまいります。

・平成26年6月1日佐藤佳宏医師が日本肝胆膵外科学会高度技能指導医に認定されました。肝胆膵外科領域の高難度手術にも積極的に取り組んでおります。セカンドオピニオンも積極的に受け入れていますので、病状でお困りの方は病院内の医療相談室にお問い合わせください。

・平成26年7月26−27日佐藤佳宏医師・竹田看護師・理学療法士2名(名前を)がガンのリハビリテーション研修を受講しました。平成26年8月からガンリハビリテーション認定施設となります。ガンの診断をうけた時点から終末期までの各段階で患者さんの生活の質の維持に努めてまいります。詳しくは病院内の医療相談室にお問い合わせください。


What's new ! 20170331

 

・2015年9月26日〜9月27日 菅野博隆医師・石黒由美子看護師・理学療法士2名がガンのリハビリテーション研修を受講、修了いたしました。

・2016年12月17日〜12月18日 芳賀淳一郎医師・湯村花恋看護師・理学療法士2名がガンのリハビリテーション研修を受講、修了いたしました。


≪当科で参考にしている診療ガイドライン≫

 胃癌治療ガイドライン(日本胃癌学会)・大腸がん治療ガイドライン(大腸癌研究会)・乳がん診療ガイドライン(日本乳癌学会)・GIST診療ガイドライン(GIST研究会)・食道癌診断治療ガイドライン(日本食道学会)・肝癌診療ガイドライン(日本肝臓学会)・膵癌診療ガイドライン(日本膵臓学会)・膵消化管NETガイドライン(日本神経内分泌腫瘍研究会)・胆道癌診療ガイドライン(日本胆肝膵外科学会)・癌疼痛の薬物療法に関するガイドライン(日本緩和医療学会)・GCSF適正使用ガイドライン(日本癌治療学会)・がんのリハビリテーションガイドライン(日本リハビリテーション医学会)・内視鏡外科診療ガイドライン(日本内視鏡外科学会)など

ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )

米沢市立病院
 地域医療連携室
TEL
 0238 - 22 - 2613 ( 直通 )
FAX
 0238 - 22 - 2624 ( 直通 )