米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
外来受診へ 入院・お見舞いへ 病院紹介へ 看護部へ 人間ドックへ 地域医療連携へ 健康教室へ
ホーム> 診療科のご案内> 循環器内科

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








 

 

  循環器内科では大きく分けて3つの疾患を診ています。


平 診療部長 兼 第一内科長

  1)  虚血性心疾患:心臓の筋肉を養う血管(冠動脈)が細くなったり詰まったりすることで起こる狭心症や心筋梗塞を虚血性心疾患といいます。カテーテル検査はもちろん、64列マルチスライスCT心筋シンチという核医学的検査を用いて冠動脈の狭窄がどの程度か、どんな治療が必要かを判断し年齢、活動能力などから患者さんひとりひとりに合った治療を行います。心筋梗塞やショックなど緊急で運ばれることも多く、24時間体制で対応しています。
   不整脈:H16年からカテーテルアブレーション治療(カテーテルで不整脈の起源を高温で焼き切る手術)ができるようになり、発作性上室性頻拍や心房粗動、心室頻拍の根治手術を行っています。H26年よりカテーテル室に電気整理検査専用のシステムラボが入り、ますます充実してきました。ペースメーカー外来では年間延べ280人のフォローをしております。最近はホームモニタリングを行っている方も増えてきました。
また年2回 リズムニュース を発行しペースメーカー植え込み患者さんに病気や機械についての解説を行っています。
   
  3)
 心不全:様々な原因(弁膜症、心筋梗塞、心筋症、高血圧、腎不全)でおこる心不全に対して学会のエビデンスに基づきスタッフカンファランスを行いながら治療しています。最近は薬物治療に合わせて心臓リハビリに準じた運動療法や心不全予防のための栄養指導、服薬指導など、多職種が介入して予防に力を入れています。退院までを有意義にすごしていただいています。

 また高血圧、弁膜症、心筋症、先天性心疾患などの診療の他、循環器疾患を持つ方の肺炎や脳梗塞、腎機能障害などにも対応しています。患者さんの平均年齢が高くなり、多くの疾患を持っていることが多いため、患者さんを総合的に診療できるようにこころがけております。

     

心臓カテーテル検査ってなに?

   心臓カテーテル検査は心臓に細い中腔のチューブ(カテーテル:直径1.6mm)を挿入し、心臓内の圧力を測ったり、造影剤を注入して心筋を養う血管を撮影したり、心筋の動きや弁の逆流の程度を調べたりするために行う検査です。

心臓カテーテル検査
いろいろなカテーテル
いろいろなカテーテル
 

心臓カテーテル検査どんなふうにやるの?

   検査当日の朝は絶食か軽食ですませます。検査着に着替えてベットで検査室に入ります。足の付け根の血管や手首の血管に局所麻酔をして、そこからカテーテルを挿入します。局所麻酔の時は痛いですが、カテーテルが入ってしまえば痛い検査ではありません。造影剤が入った時に体が熱く感じることがありますが、一時的なものですので心配はいりません。検査時間は30分から40分程度です。カテーテルを抜いた後は止血のために10分程度圧迫しベットで部屋に戻ります。
 
  穿刺部位は鼠径部、手首、肘などがあります。
   

どんな人にするの?

   おもに狭心症や狭心症が疑われる方に行いますが、弁膜症や心筋の動きが悪い人、心筋梗塞の方などに行われます。脈の異常がある方には特殊なカテーテル検査(電気生理学的検査)を追加することがあります。
   

狭心症とは

   運動したり興奮したりしたときに胸が苦しくなる病気が狭心症です。胸痛は35分程度でおさまるのが特徴です。心筋を養う血管(冠動脈)に動脈硬化がある場合が多く、カテーテル検査でどの血管にどの程度の狭窄があるかを調べます。必要があれば細いところを広げる治療を引き続きおこなうことができます。安静時や夜間・早朝に胸が苦しくなる狭心症もあります。この場合は冠動脈の痙攣で発作が起こっている可能性が高いので、血管の痙攣が起こりやすいのかをカテーテル検査で調べます。
 
  心筋を養う血管(冠動脈)は3本あり、大動脈の起始部から出ています。
治療は経皮的冠動脈形成術といいます。バルーンやステントで血管を広げます。
   
  カテーテル検査は約3040分で終わりますが、検査の後安静が必要ですので入院期間は約5-7日です。

カテーテルアブレーション治療

   カテーテルアブレーションとは、カテーテルという直径2mm弱の細いやわらかい電極を3〜5本、足の付け根や首の付け根の静脈から心臓に挿入し、不整脈の原因を調べ、原因となっている不整脈発生部位にカテーテルを当てて50〜60度の高温で心筋を2−5mm焼却する不整脈の根治治療です。
 
 
 
 

 足の付け根や首の付け根に局所麻酔をし、数本のカテーテルを心臓に持っていきます。心臓を電気刺激して不整脈を誘発したり止めたりしながら、不整脈の原因を調べます。原因がわかったら治療用のカテーテルを原因となっている部位まですすめ心筋を焼灼します。焼灼は1分程度で1から数回焼却します。

 当院の検査治療時間は平均2時間20分ですが人によって異なります。検査後はカテーテルを抜き、出血しないようにバンドで固定して帰室します。一晩安静となりますが翌日朝から歩けるようになります。入院期間は5〜7日です。
 
 

64列マルチスライス冠動脈CT

   普通のCTを取るように造影剤を注射しながらCTをとることで、冠動脈を移すことができます。外来でもできる簡単な検査です。
 
  カテーテル検査をしなくてもこんなに綺麗に冠動脈を見ることができます。
   

心筋シンチ

 
狭心症の方
正常な方
   心筋シンチとは放射性医薬品をもちいて、冠動脈に狭窄があることにより生じる虚血があるかを調べるものです。注射をしてガンマカメラで写真をとるだけなので、造影剤が使えない方や、腎機能が悪いかたなどにも安全にできる検査です。
 
   

ペースメーカーのホームモニタリング

  宅にいながらペースメーカーのデータを無線で送ることができる機能です。年2回のペースメーカーチェックを1回に減らすことができるため、移動が大変な方には積極的に導入しています。
   

高齢者心不全患者に対する「多職種介入」の効果

   入院中薬物治療の他に体重、水分、塩分管理の教育、リハビリ指導、服薬指導訪問教育をすることによって、特に75歳以下の方、心機能の悪い方の再入院率が有意に減少したと報告されています。
 

  (Christopher et al: JAMA 2004)

 

  循環器科外来診療予定担当医表 ←先をクリックすると確認できます。

  ※外来診療担当医表は、曜日や診療科によって異なる場合があります。
    また、病院や医師の都合により変更となる場合があります。


  ※全診療科の外来診療担当医表は、
   以下をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。
 

平成29年9月の外来診療担当医表

PDFアイコン
     
  PDF形式ファイルを見るには、Adobe社が配布している 「Adobe Reader」 のインストールが必要です(無償)。
↓以下をクリックすると 「Adobe Reader」 ダウンロードサイトへ移動します。
  Adobe Readerのダウンロードサイトへ  



 症例数、治療成績、クリニカルインジケータ
  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
心筋梗塞 40 32 32 35 31 37
冠動脈造影 168 212 212 206 170 188
PCI 47 52 48 38 42 41
アブレーション 4 10 10 11 11 8
Pacemaker植え込み 28+11 26+15 26+10 31+5 16+14 21+13
負荷心筋シンチ 532 515 519 486 487 502
安静心筋シンチ 61 85 52 103 57 51
心エコー 766 1062 1358 1523 1495 1515
急性心筋梗塞院内死亡率 5.4% 9.4% 20.0% 15.0% 10.3%  16.0% 
PCI施行した急性心筋梗塞の院内死亡率 4.5% 3.6% 4.1% 4.5% 4.8%  4.2% 


 リズムニュース ( タイトル名をクリックするとご覧いただけます。PDFファイル形式です。 )
 
No.
タ イ ト ル
 
 
アンケート
 
 
電池交換手術について
 
 
電磁障害について
 
 
PDFアイコン
 
PDFアイコン
 
PDFアイコン
 
PDFアイコン
 
PDFアイコン
 
PDFアイコン
 
10
PDFアイコン
 
11
アンケート
 
 
12
PDFアイコン
 
16
PDFアイコン
 
17
PDFアイコン
 
18
PDFアイコン
 
19
PDFアイコン
 
20
PDFアイコン
 
21
PDFアイコン
 
22
PDFアイコン
 
23
PDFアイコン
 
24
PDFアイコン
25
PDFアイコン
       

 

≪当科で参考にしている診療ガイドライン≫

 日本循環器学会 各種ガイドライン

ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )

米沢市立病院
 地域医療連携室
TEL
 0238 - 22 - 2613 ( 直通 )
FAX
 0238 - 22 - 2624 ( 直通 )