米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
外来受診へ 入院・お見舞いへ 病院紹介へ 看護部へ 人間ドックへ 地域医療連携へ 健康教室へ
ホーム> 診療科のご案内 > 形成外科
 形成外科   TOP|病気について|スタッフ紹介|症例数・治療成績|特殊検査・治療|
   
   形成外科は、外観上、機能上の問題を解決するお手伝いをする診療科です。
 「傷をきれいに、機能を温存して治す」を目標として、体表の先天異常の治療、外傷とそれに関連する変形の矯正や、腫瘍の切除とその後の組織欠損の修正、瘢痕(傷跡)の修正などを行っています。
     
   皮膚・皮下腫瘍の治療は、いわゆる黒子や、皮下腫瘍(粉瘤など)の切除を行っており、小さいものであれば日帰りで局所麻酔下に行うことが可能です。皮膚の悪性治療は、皮膚科と連携を適宜行っています。
     
   傷跡の修正は、ある程度の深さの傷が傷跡になってしまい、それらが目立ってしまう、あるいは傷跡がつっぱって動きに制限を生じてしまう場合は、手術などによる治療によって目立たなくさせる、あるいは動きを改善させることを行っています。
     
   治りにくい傷 ( 難治性潰瘍と言います )としては、褥瘡 ( いわゆる床ずれ )や手足の難治性潰瘍が含まれます。
 ただし治りにくい傷にはそれなりの原因がありますので、その根本的な治療を並行して行うために、適宜内科や血管外科、整形外科の先生とも共同で治療を行っています。
     
   先天異常としては、顔 ( 口唇裂、口蓋裂など )、手足 ( 多指症、合指症など )、耳介の変形 ( 小耳症、埋没耳など )、体幹の異常 ( 臍ヘルニア、漏斗胸など ) の治療が含まれます。 
     
   治療の方向性につきましては、相談となります。
     
  形成外科の治療範囲には美容外科も含まれます。現状では当科としては、ピアスホール作成などに限っては施行可能です。
     
    なお、当科は、非常勤の体制になっており、全身麻酔下での手術対応の場合は、紹介対応とさせていただきます。
     
     
     
  当科は、日本形成外科学会教育関連施設に認定されています。

 
 病気などついて
   
   ▼タイトルをクリックすると、その内容をご覧いただけます。
タ イ ト ル
 「 ピアスホールの作成について 」
 
形成外科外来診療予定担当医表
←先をクリックすると確認できます。 

  ※外来診療担当医表は、曜日や診療科によって異なる場合があります。
    また、病院や医師の都合により変更となる場合があります。


  ※全診療科の外来診療担当医表は、
   以下をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。
 

平成29年9月の外来診療担当医表

PDFアイコン
     
  PDF形式ファイルを見るには、Adobe社が配布している 「Adobe Reader」 のインストールが必要です(無償)。
↓以下をクリックすると 「Adobe Reader」 ダウンロードサイトへ移動します。
  Adobe Readerのダウンロードサイトへ  



 
 

ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )

米沢市立病院
 地域医療連携室
TEL
 0238 - 22 - 2613 ( 直通 )
FAX
 0238 - 22 - 2624 ( 直通 )