米沢市立病院   

 0238-22-2450

 

アクセスマップ  サイトマップ

Yonezawa City Hospital CardioVascular Surgery

 

>>HOME >>心臓血管外科TOP >>診療案内・大動脈瘤

 



ステントグラフト(人工血管にバネ状の金属を付けたもの)を特殊な筒に通して動脈瘤の部位で拡げる治療です。
平成23年4月から当科でも行っております。



  医師紹介  

  サポート体制・ネットワーク 



  心臓弁膜症  

  大動脈瘤  

  先天性心疾患  

  閉塞性動脈硬化症  

  下肢静脈瘤  

  ペースメーカー植込み手術 
 



  最新実績  

  軌跡と今後の予定  



  外来について  

  入院について   

  病院へのアクセス  

  心臓病の予防について  

 

 

大動脈瘤

 

大動脈瘤とは…

 

大動脈瘤は、胸部大動脈あるいは腹部大動脈の径が部分的に大きくなったものです。
原因として動脈硬化があり、高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病などが危険因子としてあげられます。

大動脈瘤は、初めはほとんど症状がありません。胸部大動脈瘤は、他の病気のため検査をした時、初めて気づくことがめずらしくありませんし、腹部大動脈瘤なども症状がないことが多く、たまたま触ってみて’こぶ’に気付く場合も少なくありません。

破裂する前は無症状な場合が多いのですが、一旦破裂すると激しい痛みを生じます。出血によりショック状態になり、突然死したりすることもあります。

胸部大動脈瘤の場合、径が拡大して5〜6cmになると破裂の危険性が出てきます。 また、腹部大動脈瘤の場合は5cmを超えると破裂の危険性が出てきます。





<胸部大動脈瘤>





<腹部大動脈瘤>

 

 

大動脈瘤の検査…

 

 

検査について

 

●胸部レントゲン検査

 

心臓の大きさ、左・右心房、左・右心室の大きさ、大動脈、肺動脈の大きさなどを検査します。

●心電図 ・ 血液検査

 

破裂した場合などは、急性心筋梗塞と類似しているため必要となります。

●超音波診断法 ( エコー )

 

胸壁、食道の中からの検査により胸部大動脈瘤はほとんど診断できます。
また、腹部大動脈の’こぶ’や解離の診断ができます。

●CT ( コンピュータ断層撮影 )

 

大動脈瘤の大きさ、範囲、周囲の臓器の状態、解離があればその形態や
範囲などが診断できます。.

●MRI ( 磁器共鳴断層撮影 )

 

どの方向からも画像が撮影でき、X線の被ばくもありません。
強力な磁気が必要なため、ペースメーカや人工呼吸器を使用の方は
検査できません。

 

 

 

大動脈瘤の手術について…

治療の原則は破裂や解離をおこさないため、その危険性がある場合は動脈瘤を
切除して、人工血管に置き換えなければなりません。
手術できない場合は破裂しないよう予防しますが、動脈瘤があるかぎり少しずつ
拡大しますし、破裂の危険性はあります。また、薬では動脈瘤を小さくできません。

手術の方法は、’こぶ’の部分を切除して人工血管と置き換える人工血管置換術
血管に細い管(カテーテル)を挿入してバネ付き人工血管を患部に装着する
ステントグラフト内挿術があります。
 ステントグラフト内挿術の方が創も小さく体に優しい手術ですが、大動脈瘤の形や部位によっては人工血管置換術を選択せざるを得ないこともあります。ステントグラフト内挿術の場合は手術翌日から食事や歩行を開始でき、術後1週間程度で退院です。

 

■人工血管置換術について

 


<腹部大動脈瘤の人工血管置換術>

術  前                術  後

 

■ステントグラフト内挿術について


<胸部大動脈瘤に対するステントグラフト治療例>

         術 前              術 後

 


<腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療例>

術 前      術 後     術 前      術 後

 


術 前     術 後        術 前     術 後

 





 

 

 

 

(C)Copyright Yonezawa City Hospital CardioVascular Surgery All Rights Reserved