米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
外来受診へ 入院・お見舞いへ 病院紹介へ 看護部へ 人間ドックへ 地域医療連携へ 健康教室へ
ホーム> 診療科のご案内 > リハビリテーション科
 リハビリテーション科    TOP|スタッフ紹介|症例数・治療成績|心臓リハビリテーション|その他|
リハビリテーション科スタッフ

科長(医師)
理学療法士
作業療法士 
言語聴覚士
マッサージ師
補助者
で構成されています。

資格者
学会合同呼吸療法認定士
介護支援専門員
骨粗鬆症リエゾンマネージャー
がんリハビリテーション研修修了者


理学療法士とマッサージ師は、理学療法業務を担当し、作業療法士は作業療法業務を担当し、言語聴覚士は言語訓練と嚥下訓練を担当しています。

 患者さんは、骨折や腰痛等の整形外科疾患の方が多く、次に脳梗塞等による脳血管障害の方、肺炎や心不全などで長期療養が必要になり体力が落ちた方など様々です。最近では、心筋梗塞など心臓病やがんの手術前後の方、がんの痛みのコントロールやリンパ浮腫のある方などより専門的なリハビリテーションも行っています。 骨粗鬆症や運動器不安定症の方にも外来や病棟スタッフと協力し運動の指導を行っています。

日々のリハビリにより、毎日少しずつ症状が改善していくと、患者さんの笑顔や会話も増え、楽しみながらリハビリを続ける事ができるようになってきます。

 

 私達は、患者さんのQOL(クオリティーオブライフ)をできるだけ早く入院前の状態に戻れるよう支援いたします。

○ リハビリテーションの風景


○ リエゾン活動風景 
骨粗鬆症リエゾンチーム

 
H26年度より医師、看護師、栄養士、薬剤師、リハビリテーションスタッフで構成された骨粗鬆症リエゾンチームが発足し、活動を開始しました。
  リハビリテーション科では転倒予防を中心とした運動の指導を実施しています。運動をすることでストレスがかかり、骨が強くなるといわれています。また、転倒を予防することで、骨粗鬆症による骨折を防ぐこともできます。 地域の出前講座などでも運動指導をしていますので、気軽に声をかけてください。
NST回診

 患者さんとの直接的な関わりだけではなく、週一回院内で行われているNST回診に言語聴覚士が参加し、医師、療食科との連携を取りながら患者さんへの栄養面からのサポートも行っています。

 
  ※外来診療担当医表は、曜日や診療科によって異なる場合があります。
    また、病院や医師の都合により変更となる場合があります。


  ※全診療科の外来診療担当医表は、
   以下をクリックするとPDFファイルでご覧いただけます。
 

平成29年7月の外来診療担当医表

PDFアイコン
     
  PDF形式ファイルを見るには、Adobe社が配布している 「Adobe Reader」 のインストールが必要です(無償)。
↓以下をクリックすると 「Adobe Reader」 ダウンロードサイトへ移動します。
  Adobe Readerのダウンロードサイトへ  


ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )

米沢市立病院
 地域医療連携室
TEL
 0238 - 22 - 2613 ( 直通 )
FAX
 0238 - 22 - 2624 ( 直通 )