米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
外来受診へ 入院・お見舞いへ 病院紹介へ 看護部へ 人間ドックへ 地域医療連携へ健康教室へ
ホーム > 病院紹介 > 診療放射線科
病院紹介

 診療放射線科  一般撮影 乳房撮影 X線TV CT MRI 血管撮影 RI 骨塩定量 造影剤 Q&A
  RI検査

  RI検査とは

  RIとはRadio Isotope(ラジオ アイソトープ)(放射性同位元素) の頭文字をとったものでアール・アイと呼びます。   RI検査は核医学検査やアイソトープ検査とも呼ばれ、ごく微量の放射性物質(ラジオアイソトープ:RI)を含む薬を用いて病気を診断する検査です。この微量の放射性薬剤を注射などにより体内に入ると、特定の臓器(骨や腫瘍など)に集まりそこから放射線(ガンマ線)を発します。この放射線をガンマカメラ(シンチカメラ)と呼ばれる特別なカメラで体外から測定し、その分布を画像にします。これをシンチグラフィといいます。

  装置

 

  放射性薬剤の特徴

  検査で用いられる放射性薬剤は、半減期(放射能が半分になる時間)の短い放射性のアイソトープが使用される。半減期が短ければ、放射線の人体への影響も、短期間で済みます。また、投与量が少ないので、副作用が極めて少ないのが特徴です。

  RI検査で得られる情報

  RI検査の種類はたくさんありますが、脳の検査では、血流状態を観ることにより、脳血管障害、脳腫瘍、てんかんなどを評価することができます。また、心臓の検査では、心筋血流障害、心機能の予後、交感神経機能、代謝機能などが評価できます。ほかに骨疾患、腫瘍・炎症疾患などをはじめとして、甲状腺、肺、腎臓などの診断に利用されています。


 

 
   

ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )

米沢市立病院
 地域医療連携室
TEL
 0238 - 22 - 2613 ( 直通 )
FAX
 0238 - 22 - 2624 ( 直通 )