米沢市立病院トップページへ
文字の大きさ変更
文字サイズ大きく 文字サイズ小さく

WWW を検索 サイト内 を検索
交通アクセス_イメージ交通アクセスへ施設案内_イメージ施設案内へサイトマップ_イメージサイトマップへ
外来受診へ 入院・お見舞いへ 病院紹介へ 看護部へ 人間ドックへ 地域医療連携へ健康教室へ
ホーム > 臨床研修のご案内 > 臨床研修医師から 「 ひとこと 」
 臨床研修医師から 「 ひとこと 」
 

臨床研修医師 小野寺 啓


米沢市立病院はどんな病院でしょうか? 

「良く言われることですが、優しい看護師さんが多いです。研修医生活の最初は採血などの手技から始まりますが、看護師さんからたくさん教えて頂きました。静脈留置針を入れたら、少し上に上げてテンションをかけるとか、具体的なアドバイスが様々ありましたね。最終的に自分のやり方を身につける、頼もしい味方になってくれると思います。あと、給料は悪くないです。院内保育園もあるので、世帯持ちや再受験生でも働きやすいですね。私自身、妻と2歳の子供がいるのでとても助かっています。全体的に、初期研修医を大切にしてくれているのが伝わってきます」

−医局が3大学の混在とのことですが?

「外科とICUと循環器内科が福島県立医大、脳神経外科と整形外科が東北大、それ以外が山形大学、となっています。当然の様に助け合いの精神で仲が良いのですが、その好例が全科当直ですね。全科当直というのは、眼科とか放射線科の先生でも救急外来で外傷の患者さんや肺炎の患者さんを1人で診療する、という意味です。で、実際には1人では大変なこともあるので、コンサルタントという名の援軍を呼ぶことができます。整形外科の先生は毎日のように救急外来に呼ばれていますが、『お互い様だからね』と当たり前のように言っていました。初期研修医にとってコンサルトがしやすいというのは、精神的なストレスが減るので、とても重要なポイントだと思います」

−米沢市立病院の研修プログラムにはどんな特徴がありますか?

「初期研修の目的は人それぞれだと思いますが、地方の病院で求められるのは最低限のプライマリケアができるようになること、だと思います。米沢市立病院もその例に漏れず、救急外来をマスターすることがプログラムの根幹にあるので、その前提として、個々の内科疾患や外科疾患についてしっかりローテーションで学ぶ、という流れになります。小児科が充実していることで有名で、米沢市内の小児科救急はすべて米沢市立病院で受けるので、自然と小児科にも強くなります。ただ、そうはいっても融通の利かないガチガチの研修スケジュールということではなくて、変更はかなり自由です。私自身、一年目の3ヶ月目で、救急科予定を心臓血管外科に変えて貰いました。救急外来で必要な縫合を学びたいと思ったのが理由の1つですが、開心術や下肢静脈瘤の手術に入って、技術だけでなく病態生理についても深く学ぶことができました。主体性が重んじられていて、強制参加の勉強会もそれほど多くないので、自分の興味があることに深く取り組む時間もあります」

−米沢はどんな街ですか?

「山形市から車で約1時間、福島市からも約1時間、仙台からも高速を使えば約1時間40分の距離にあります。新幹線なら東京から約2時間。歴史があって、米沢牛を筆頭においしい食べ物が多くて、吾妻・飯豊・朝日などの大自然に囲まれて、冬は雪が多いです。是非一度、病院見学に来てください」

 

臨床研修医師 東野 太樹

私は平成27年に山形大学を卒業し、その後2年間初期臨床研修で米沢市立病院にお世話になりました。私は大学5年生の時に実習で1か月間米沢市立病院の集中治療科をローテーションし、高いレベルの医療と市中病院ならではの様々な疾患を経験しました。そして何より、非常に熱心な指導医の先生に出会うことができ、米沢市立病院で初期研修を行うことを決めました。
 米沢市立病院で研修するメリットはなんといっても救急の初期対応が学べることだと思います。山形県内には全科当直を行っている病院がいくつかあり、何科に進んでもいつか救急当直を行う機会が出てくると思います。しかし、救急の初期対応をしっかり学ぶことができる機会は初期研修の期間しかないといっても過言ではないと思います。そのため、救急の初期対応を学ぶことは、初期研修において最も大切なことの1つだと思います。米沢市立病院は置賜地区の基幹病院として1次〜3次救急の様々患者さんが受診されます。そのため、救急当直では様々な重症度、様々な疾患を経験することになります。診察や検査を行い、1人の患者さんを受診から帰宅(入院)まで診療を完結させるという、医師としては必ず必要になる技術を学ぶことができます。もちろん救急当直には必ず上級医の先生がついており、指示やフィードバックをしていただけるので、安心して救急業務を行えます。
 研修病院を選ぶ際に同期の数は非常に気になるところだと思います。米沢市立病院の初期研修医は基幹研修医と他院(山形大学医学部附属病院や置賜総合病院など)からのたすき掛けの研修医を合わせて毎年1学年3人程度になっています。基幹研修医は山形大学出身者が多いですが、東北大学など県外の大学出身の方もいます。大規模な病院と比較すると少人数なのですが、そのため、研修ローテーションの変更なども比較的容易に行えます。初期研修中に新たにやりたいことや学びたいことが出てくることは少なくない(特に志望科が未定な人)ため、このような点は大きなメリットだと思います。また、米沢市立病院は各科の垣根が狭く、自分がローテーションしない科の先生方からも様々な指導をしていただけます。私自身もローテーションしていない科の検査や手術をする機会を多くいただきました。2年間という短い期間ではどうしてもローテーションできない科が出てきてしまいますが、このような形でローテーションできない科についてもある程度学ぶことができたと思います。
 最後になりますが、初期研修期間はたったの2年ですが今後の人生にとって非常に重要な時期だと思います。米沢市立病院での初期研修はその2年を非常に有意義なものにすることができると思うので、1度病院見学に来ていただき雰囲気や魅力を感じ取っていただければと思います。


 

臨床研修医師 伊藤 英

 研修の中で自分が一番良かったと感じるところは、手術をたくさん経験でき、かつ論文の作成や全国学会での発表までできたということです。手術に関しては手術件数も多く、外科では膵頭十二指腸切除や肝切除も行い、腹腔鏡手術も多く、山形では珍しいヘルニアの腹腔鏡手術(TEP法)も行っていました。心臓血管外科では開心術、ステント、静脈瘤のレーザ治療など様々な手術を経験できます。また術後管理についてもICUで集中治療科の先生からご指導いただくこともでき、外科系に進もうと考えていた私にとっては本当にいろいろなことを学ぶことができる環境でした。
また、手術だけでなく学会発表にも力を入れています。手術や治療を行うだけでなく、そのフィードバックを行うことが大切であり、その一つとして学会発表を行っていました。私も11カ月という短い期間でしたが癌治療学会と内視鏡外科学会という二つの全国学会で発表をさせていただきました。その症例のうち一つは緊急手術で自分も術野に入った症例であり、実臨床で悩んだこと、それについて調べ勉強しまとめることで次につながっていくのだということを身をもって実感できました。また私自身学会での発表自体が初めてでしたのでスライドの作り方等わからないことだらけでしたが、その点に関してもしっかりとご指導いただけました。また発表症例については論文化を目指し、学会終了後も継続してご指導いただけました。
その他、米沢市立病院の特徴として感じたのは、先生方が科や大学の医局の垣根を越えた関係にあるということです。それによって日常診療や救急の場で困った際にすぐに専門家の協力を得られますし、研修医の立場であれば研修科以外の領域も学ぶことができ、実践することもできます。また病院内の行事も多く、様々な経験ができます。
このように米沢市立病院ならではの特徴を活かすことで、実りの多い研修を送ることができるのではないかと思います。また、米沢という土地は冬場の雪は厳しいですが自然と町のバランスがよく、夏は登山、冬はスキーなど様々な楽しみもあります。また食に関しても有名な米沢牛、日本酒などおいしいものがたくさんあります。自分も米沢に初めて住みましたが、とてもいい街だなと思いました。
ぜひ皆さんも機会があれば米沢市立病院を見学してみてください。

ページの先頭へ戻る

より良いホームページづくりのために アンケートにご協力をお願いします!


ご意見・ご質問・お問い合わせの方は、下記までメールをお願いいたします。

ただし、診療に関する相談等は受付けておりませんので、ご注意ください。

メール_イメージbsoumu-ka@city.yonezawa.yamagata.jp

掲載内容の無断転載を禁じます。ただしリンクは自由です。

米沢市立病院
 
TEL
 0238 - 22 - 2450 ( 代表 )
FAX
 0238 - 22 - 2876 ( 代表 )

米沢市立病院
 地域医療連携室
TEL
 0238 - 22 - 2613 ( 直通 )
FAX
 0238 - 22 - 2624 ( 直通 )